前へ
次へ

教育について深く考えてみると

ひとことで子供を教育するといってもその方法は千差万別であり、一つとして同じやり方はありません。どれほど熱心な親でも子供が100パーセント思い通りに育ってくれるとは限りませんし、まったくの放任でもうまくは行きません。適度に子供の願いを聞き入れ、ある程度指導してあげるくらいの距離感をつかんだ接し方が重要です。過保護ではなく、さりとて放っておくわけでもない絶妙な距離感ですが、これができる親はあまりいません。教育に関してはプロの教師でもさじを投げるような子供がいますし、教師の側になんらかの問題があって子供がついてこないこともあります。しかし、ある程度人間同士が接していればそこには学ぶべきことはたくさん生まれ、自分にとってプラスになることを子供は貪欲に取り入れようとします。子供がいかに物事に興味を持ってくれるかが教育の鍵であり、子供が興味を失うような勉強の仕方は間違っています。受験勉強をさせる場合などは、子供にその意味を理解させることが大事です。

Page Top