前へ
次へ

幼児教育と保育が無償化になった魅力とは

2019年の10月から日本では幼児教育や保育が無償化されたので、子供を育てている家庭の負担が軽減されました。日本では高齢者の人口が増加するのと同時に子供の人口が減少する少子化が進行しており、高齢者と子供の人口のバランスが悪くなる事で、社会保障を維持する事が難しくなってしまいます。子供は将来的な国の納税者になりますから、納税者である人口が減る事は国として非常にリスクです。その為幼児教育と保育を無償化する事で、子育て世代の方の負担を減らし、子供の新たな誕生をサポートしていく考えがあります。制度を利用できる方は幼稚園や保育所の他に認定こども園等を利用する3歳から5歳の子供と、住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子供達が無料になります。幅広い層の家庭が恩恵を受けられるので、子供を更に誕生させる為の余裕ができますから、未来への投資として、非常に効果的です。認可外保育施設等でも月額で制限があるものの、サポートを受けられるので、今までよりは負担を減らせます。

Page Top