前へ
次へ

少子化と教育の関係性とは

日本は少子高齢化になっており、高齢者の増加を食い止めるのは人間が必ず歳をとる生き物だけに無理ですが、少子化は新しく子供が誕生する数が増えれば、徐々に解決できるので、希望があります。しかし日本では子供を誕生させた時に育児にかかる費用や教育の費用が莫大になる傾向にあり、多くの子供を家庭で育てるのが難しい傾向にあります。教育のチャンスは家庭が用意できるお金の量で自然と変動していく傾向にあり、家庭教師や塾等を利用できる子供と学校に進学する時の費用すら心配する子供では教育のチャンスに開きが出過ぎてしまい、大人になった時の収入等にも変化がでてしまいます。仮に低い収入しか得られない大人になれば、子供を誕生させる事にリスクを感じてしまいますから、子供を誕生させる事を躊躇させてしまいます。少子化は個人の問題ではなく、社会が向き合うべき問題ですが、個人の頑張りに任せる傾向が強いのが現実であり、問題の解決を困難にさせています。

Page Top