前へ
次へ

いよいよスタートするプログラミング教育

いよいよスタートが迫るプログラミング教育ですが、定義としては論理的に考えていく力を育てる教育と言われています。必修化におけるポイントとしては、まず実践的なプログラミングを学ぶのではなく、あくまでも思考を養うという点で挙げられるでしょう。子供たちにプログラミング言語を用いたコーディングなどを学ばせるものではなく、思考力をつけることが主眼です。また、教科ではない点にも注目できるでしょう。教科や科目があたらしく創設されるわけではなく、必修教科はいままでと変わりません。パソコンを使うものでもなく、プログラムがどういったものかを生徒たちで話し合ってみたり、街の情報化について社会勉強をしたりすることが予定されています。プログラムの働きを知ると、自分のやりたいことや考えを正確に他者に伝える方法が身につきます。たくさんある情報を結びつけたり、問題や課題を解決する力が養えたりすることは将来社会でおおいに役立つことは間違いありません。もはやこれからの人間社会に、コンピュータが活用されないことはないでしょう。そうした意味では早くからコンピュータの働きを知り、これからの社会を生きる力を養うことは意義のあることと言えます。

Page Top